ようかん型、斜面型、雁行型マンション

ようかん型マンションとは?

ようかん型マンションというのは、
建物に凸凹がない
シンプルな形状のマンションのことをいいます。

 

なお、かまぼこ型マンションとも呼ばれます。

 

ほとんどのマンションが、このタイプになりますが、
建築費も抑えられ、施工上の技術や精度も
それほど求められません。

斜面型マンションとは?

斜面型マンションというのは、
斜面の土地の上に建ったマンションのことをいいます。

 

建物を斜面に合わせて
段々に積み上げていきますので、
各住戸には広いテラス(バルコニー)を設けることが可能です。

 

ただし、平坦な土地に建てるよりも
地盤整備や施工時の手間がかかりますので、
当然建築費は高くなります。

 

とはいえ、なかには平坦な土地に
人工地盤を設けて、意識的に
斜面型マンションをつくるケースもあるようです。

雁行型マンションとは?

雁行型マンションというのは、
雁が群れをなして飛行するときの
階段状の様子に似ていることからこのように呼ばれています。

 

建物をずらして建てることで、
すべての住戸を角部屋にすることができる、
採光・通風に優れた居住環境を創出したマンションといえます。

 

ただし、建物を雁行させると
壁の表面積が増えることから、
それだけ鉄骨・鉄筋も多く必要になるなど

 

建築費がかさみ、
それだけ売買価格は高くなるという点には注意したいところです。

 

スポンサーリンク